桜餅参式・改

色んなゲームのメモ用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セブンスドラゴンⅢの職業メモ



・サムライ
様々な種類の攻撃スキルを覚え、自己強化・自己回復・支援と隙が無いオールラウンダーアタッカー。
今回は一刀型と双刀型と武器が二種類に分かれた。一刀型は今までどおり更に抜刀・居合いがある。
序盤は双刀一択。というのも一刀型のスキル数が二つしかなく、戦術バリエーションが乏しい。少なくとも金毬鳥王旋風という全体攻撃を覚えるまでは双刀の方が使い勝手がいい。居合いは二段階目開発時に追加される特大+必中の十六手詰めを覚えることで本領発揮。ただし10ターン持続攻撃力UPに加えて狙われ率UPと同時に攻撃力UPする自己強化スキルが追加されたので、居合いにする手間を新自己強化スキルする手間に変える事で十分オーバーな火力を叩きだせる。総じて双刀型が安定すると言える。
その双刀は空中特攻技、ランダム回数攻撃技、炎属性+火傷追加技・最速大ダメージスタン付加技・属性攻撃に対して追撃する風林重ね。更に二段階目開発で大ダメージを与え、残ったダメージを他の敵に与えるという雑魚にも使える強力技が増える。
ランダム回数攻撃技は一刀にもあるが、そちらと比べると遥かに回数が多く、フロワロシード狩りはこっちの方が適している。
全体攻撃は持ってなく、複数の敵にダメージを与えるならランダム回数技か余りダメージを他の敵に与えるスキルを使うしかないが、他職も全体攻撃は持ってるし、下記の修羅の貫付があるので余り困らない。
2020、2020Ⅱで猛威を振るった修羅の貫付は1段階目で解放されてやっぱり猛威を振るう。全体攻撃+高ダメージの上に必中なので回避率が高い敵も安心。発動タイミングが戦闘開始時だけで確率発動なのだが、一個振ってあるだけで発動したら雑魚殲滅が凄く楽になるので覚えるようになったらすぐに覚えておきたい。
総じて能力が高く、HPが高く、マナもそこそこ有り、Lvを上げて物理で殴るを地で行く職業。メインPTに入れておいて損はない。
サポートは1ターン全員物理攻撃力UP、バディは敵単体物理攻撃力DOWN。2ターンで1ゲージ。
サポート狙いの物理攻撃力UPの為にサムライをサポートに回すよりだったら、メインにサムライを入れた方が火力は高くなるので、別行動する際の安定性を求める以外の目的であれば他職の方が良い。


・エージェント
2020でいうところのトリックスターの能力と銃スキルとハッカーのハッキングスキルやTROYスキルを足した感じの職業。トリックスター自体が他の職業と比べて玄人向けな職業だが、ハッキングスキルもまた玄人向けなスキルで独自スキルなので、かなり玄人向けな職業だと思われる。
今回武器チェンジはサムライに譲ったので銃スキル一本に絞れる。
銃スキルは全部対空特攻がついており、空を飛んでる敵に対して非常に強い。また、単体に複数回攻撃・レベルを上げる事で単体に必中+盲目付与、全体攻撃と攻撃スキルは最低限が一通り揃ってる。
一方ハッキングスキルの方は微妙で特化させようにもハッキング後の行動が前作までのハッカーと比べて幅が狭くなってるのでややイマイチ。狙われ率が低下し回避率とクリティカル率が増加するハイディングとクリティカルで再行動できるアサシンリアクトを合わせて手数で攻撃する前作までの銃トリックスターのような使い方の方が良いかもしれない。
サポートは全員速度UP、バディは敵単体に火傷・凍傷・ハッキング弱体付与。1ターンに1ゲージ。
今回最速行動付きスキルが多くサポートの恩恵はあまりないが、バディが非常に優秀。状態異常付与率はハッキング弱体以外の二つは微妙だが、二丁拳銃なので二回攻撃が入る。単純にダメージがでかい。その上1ターンに1ゲージ溜まるので、2ターンに1回バディが使える。バディ要員としては恐らく最高クラスの使い勝手。


・ゴッドハンド
2020でいうデストロイヤーの能力に回復・状態異常回復・蘇生・支援スキルを上乗せした性能。
回復スキルを持った所為かHPもマナもサムライに劣っている。素の能力もややサムライに全体的に劣ってるとデストロイヤーとして見ると致命的な欠点を持つ。
SPDが遅いが回復系や支援系のスキルの殆どは全部最速発動なのでSPDの遅さは気にしなくてもいい。緊急時に役に立つ。
ただし回復・状態回復・支援どれも単体にしか効果がなく、全体回復・全体状態回復・全体支援を持っていない。また最大マナも心許ないので、回復専門だと不安が残る。
一方過去のデストロイヤースキルは最低限のスキルが残っており、迎撃スタンスは全部一つに纏められている。
スキルによって深度を付加させていく必要があるが、最大まで高めた状態の瞬間火力は高い。また、ダメージだけでなく攻撃低下や防御低下、LIFE回復と付加効果が付いてるので状況を有利にしつつ特大ダメージを与えれる。
ただ、両方取ろうとするとどっちつかずな性能になるというか、慢性的なマナ不足に陥るので、どっちか片方に特化した方が良い。
サポートは全員HP回復。バディは単体回復。2ターンで1ゲージ。サポートとして使うと全体回復を使うようになるのでサポートとしてはかなり優秀。
ユニゾンの九人行動時はメインにゴッドハンドが居ないと深度を深める事が出来ないので、居ない場合は攻撃スキルはジャブぐらいしか使えない。その時は諦めて回復・支援スキルを使った方が良い。幸い支援スキルの方は単体ながらも効果も持続ターンも高く性能が良い。


・デュエリスト
デッキを用いて3種のカードの属性に応じた攻撃を行う。遊○王。
リアルラックが非常に絡む今回の属性攻撃担当。リアルラックに自信がない方の為に指定した属性のカードを引くスキルが用意はされているが、それで1ターン費やしてしまうし、初期のカードはやっぱりリアルラック依存。炎弱点の敵相手に氷氷とか日常茶飯事。
エージェントと同じくトラップも張る事ができるが、エージェントと違い回避率が上がる訳ではないし、攻撃は無効化しないし、防御力・HPも少ないのであまり出番はない。というか出番が多いと困る。
最初は炎に特化してるように見えるが、一段階スキル開発すると氷特化スキル・支援スキルも覚えると同時にダイスの目に応じて効果を付加するスキル等、リアルラックが絡むスキルも増える。
使い勝手は良い方ではないが、チャレンジャーな人は使って見ると良い。運が絡む分、個々のスキルはかなり強力である。
特に最初から覚えてるXバーンは少々変則的だが全体炎属性攻撃なので割と重宝する。フィールド・火山の全体炎攻撃+炎耐性低下が使えるようになるとXバーンの威力が高まり、殲滅力が格段に向上する。狙ったカードさえ引ければ。
2段階目開発で3枚消費の強力単体攻撃魔法が使えるが、最大5枚の中に3枚同じ属性を揃えるのは難しい。サーチ属性スキルを最大まで上げれば同属性3枚引けるので、運が悪い時はそれでなんとかするしかない。
また、確率で補助・リアクトの持続ターンが1ターン伸びる事がある。そのスキル名は「オレのターン!」最早狙ってるとしか思えない。
サポートは全員状態異常回復。バディは単体MANA回復。3ターンに1ゲージ溜まる。バディがMANA回復の為か溜まる速度がやや遅めだが、サポートの全員状態異常回復はゴッドハンドが覚えてくれないしルーンナイトも全部の状態異常は回復してくれないので割と重宝する。
ユニゾンが使えるようになる頃にはメイジが全状態異常回復+最速を覚える上に3ターン1ゲージが使いづらくなる。そうなるとサポートとしては微妙になるので、メインに昇格してリアルラックに任せ殲滅力を高めるか、転職した方が無難。


・ルーンナイト
全員魔法防御増加と全員HP回復、全員状態回復、更に挑発スキルに加えて身代わりスキルも覚えるパーティーの守護神。
狙われ率上昇スキルが二つある分、迎撃スタンスを持つゴッドハンドよりも狙われ率は上。ただしカウンターはない。
ゴッドハンドと違い、HP回復や状態回復や支援スキルが全員にかかるが、今度は逆に単体にかけるスキルが存在しない。
回復量も全体回復なのでやや控えめ。状態異常回復は回復できる状態異常に制限があると決して万能ではない。
とは言え、防御力に関しては全職業随一。他の職業ならでかいダメージもルーンナイトは平気なダメージになる程硬い。
また、攻撃スキルは「魔法」扱いな為、物理に対して強い敵に攻撃も可能。HP吸収・マナ吸収スキルも覚えたりする。
因みに攻撃スキルの属性は氷と雷のみ。双刀のサムライは炎のみなので、炎はサムライに任せて、氷・雷はルーンナイトが行い侍が風林重ねを使うといった戦術も可能。物理はサムライ、魔法はルーンナイトという割り振りもできる。割と相性がいい。
似た立場のゴッドハンドと比べると素の攻撃力は低く、ダメージを出すならスキルを使う必要がある。スキルを使うまでもない雑魚掃討だとゴッドハンドは普通に通常攻撃で十分だがルーンナイトだとやや足りない場面も。その代わり耐久力を下げずに魔法攻撃が出来る。パーティー構成次第で入れるかどうか考えよう。
サポートは全員1ターン魔法防御増加。バディは敵単体魔法防御低下。1ターンで1ゲージ。サポート・バディ共に効果は微妙だがエージェントと同じく1ターンで1ゲージ溜まるのが良い。敵の有利効果打消し狙いのバディなら前衛職の中ではエージェントの次にルーンナイトが優秀。エージェントと比べて別行動になった時の安定性が高いのも良い。


・フォーチュナー
状態異常付与攻撃と2020のハッカーの支援スキルを組み合わせたような職業。所謂デバフ・バフ役。
普通に無属性魔法職としても運用が可能。スピードが高く殆どのケースで先制が取れるのも利点。状態異常も敵より素早くかけれる。HP・防御力は魔法職らしい低さなので注意。
支援スキルは物理防御・魔法防御増加ではなく、物理ダメージ・魔法ダメージ軽減なので、他のバフと競合しない。
また、ターン終了時にマナ回復スキルが優秀。1Lvの時点で3消費で3回復、2Lvになると回復量が倍の6回復になり、この頃に覚えるスキルならほぼ使いたい放題になる。最大Lvまで上げると持続ターンも5ターンに伸び、他のスキルを使う暇も出来る。
また、ターン終了時のみだが全員HP回復もあるので、慢性的マナ不足のゴッドハンドとは先のスキルも合わせて相性が良い。単体回復はゴッドハンドに。全員回復はフォーチュナーに任せるといった感じ。
太陽の加護でターン終了時に確率でマナ回復できたり、状態異常付加された時に確率で即座に治療する等、とにかく支援に特化した職業。
サポートは全員マナ回復。バディは敵単体盲目付加。4ターンに1ゲージ溜まる。全員マナ回復が強力なのか4ターンと長いしバディも微妙なので、バディを狙わずサポートを狙って使う事になる。となるとサポートとして使うなら必然的に長期戦必須な帝竜戦とかになる。
ユニゾン狙いだと4ターン待ちが枷になるのでユニゾン狙いのPT構成なら入れないかメインに入れるかの二択。


・メイジ
大体Lv40ぐらいの頃に解放される未来の職業。と言っても2020シリーズのメイジとほぼ変わらない。
属性攻撃・回復の魔法全般を覚える。漸く安定して狙った属性魔法攻撃を与えれるのでパーティー事情によっては貴重。
回復スキルは単体だが、2020シリーズと同じでLvを上げる事で全体化が可能になる。状態異常回復もLvを上げる事で全部回復+全体化+最速と効果がついていく。癖がなく使いやすい。
ただ、ゴッドハンドやルーンナイトのHP回復スキルは最速なのに対してメイジのHP回復スキルは最速ではない。ここは要注意。スピードは決して遅くはないが、早くもないので、前者二人と同じ感覚で使おうとすると回復タイミングがずれたりする。
逆に今までのシリーズをやってきた人達はこっちの方が慣れてるだろう。
蘇生も覚えており攻撃・回復面は完璧。ただバフ・デバフの類の支援スキルは自己強化以外はない。完全に攻撃・回復要員。
サポートは魔法攻撃力UP。バディは魔法攻撃力DOWN。1ターンに1ゲージ。
サムライの魔法版だがやはりエージェント、ルーンナイトと一緒で1ターン1ゲージが優秀。とは言えサポートは味方を選びバディは敵を選ぶので、効果は微妙な所。ユニゾン狙いなら強力な魔法攻撃が使える上に1ターンでゲージが溜まると非常に優秀。


・パニッシャー
今作の全くの新しい職業。爆薬でブーストする槍を使って一発大ダメージを与える。世界樹の迷宮4で似た職業(武器)があった気もするが気のせいだろう。
爆薬は初期セット数が決まっており、各種スキルを使う事で消費。リロードのスキルで回復する。というようにゴッドハンドとは違う手間がかかる瞬間火力型。
ゴッドハンドと比べると回復スキルがない分、純粋に攻撃力が高い。また、ゴッドハンドは深度を深める準備が必要だが、こちらは下準備は要らなく、1ターン目からぶっ放せる。その後のアフターケアが必要。下準備がいらないという事は強力な雑魚敵にも使える。仕組みは割と単純なので覚えてしまえば簡単。
デフォイラストの見た目どおりに遅いのは欠点ではある。一応支援スキル等も使えるが、此方も爆薬を使うので、そこは計算が要る。とにかく爆薬の数の管理が大切。
同時にマナ消費が高い割りに最大マナが少なくマナ管理も必要。ただし全職業中唯一対竜特化のスキルを持ち、竜戦に置いて最終兵器となる。サイズ補正もあるので帝竜などとにかくデカイ敵ほど強力。強化スキルもあるので対竜に対してのみ瞬間火力は最大クラス。
サポートは物理防御UP、バディは物理防御DOWN。2ターンに1ゲージ。
物理はどの敵も使ってくるし、此方も手段は多い方なので比較的使いやすい。ユニゾン時だと爆薬・マナ共に気にせずにスキルを使えるのでユニゾンメンバーとして控えておくのも良い。大抵ユニゾンが使える時はボスクラスの竜戦なので対竜スキルが活きる。


スポンサーサイト
  1. 2015/10/18(日) 20:50:29|
  2. メモ

プロフィール

綾月

Author:綾月
かつての三国志大戦中心のブログ。
今は主にゲームのメモとして活用。
メインはツイッター。知り合い専用鍵付きアカウントにつきフォロワー募集はしてません。

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。